医師の転職

【経験者が比較】本当におすすめできる医師転職サイトランキング

医師転職サイトについて、使ってみたいけど本当に大丈夫なのかと疑問を持ち悩んでいませんか?

結論から言うと、その心配は杞憂です。実績が多い転職サイトなら実力と経験のあるコンサルタントを揃えていますので、自分の理想とする病院への転職が叶います。

ただし、中には交渉スキルの無いコンサルタントにあたって年収が下がってしまったり、担当者のリサーチスキル不足によって希望とは異なる病院を押し付けられるリスクもあるため、一歩間違えると転職に失敗してしまう場合もあり得ます。したがって、理想の転職のためには各転職サイトの特徴を事前によくリサーチすることも大切です。

このページでは、

  • 医師転職サイトを比較する際に重視すべき5つのポイント
  • 【徹底比較】医師向けおすすめ転職サイトランキング
  • 実際に利用してわかった医師転職サイトのメリット・デメリット
  • 医師転職サイトで理想の転職を叶えるためのコツ

について紹介します。すべて読めば理想の転職に一歩近づくになるでしょう。

医師転職サイトを比較する際に重視すべき5つのポイント

医師転職サイトを比較するときに見るべきポイントは、下の5つです。

  • 医師転職サイト内の求人数の多さ
  • 医師転職サイトに掲載されている求人内容がきちんと更新されているか
  • 他社にない独占求人案件をもっているか
  • 担当のコンサルタントが優秀かどうか
  • 各医師転職サイトがターゲットとする属性

求人数の多さと求人内容の新鮮さはいうまでもありません。ところが、求人内容が多いのに内容が昨年のまま更新されていないなど、案件が古いままで放置されている転職サイトが多いのです。条件の良い求人をそのまま掲載しておき、問い合わせると「終了しました」という返答とともに別の案件を紹介する、という手口もありますので、情報の新鮮さには拘りましょう。

他社にない独占案件を多数持っているのは、コンサルタントが優秀である一つの証拠となります。求人を出す側との信頼関係がないと独占案件を確保することは困難なので、コンサルタントがきちんと仕事をしていることがわかります。

気をつけたいのが、各転職サイトが常勤・非常勤・スポット案件のうちどれを得意としているかを見極めることです。常勤の案件が得意な転職サイトには、良い常勤案件が集まります。自分の求めるものと異なる転職サイトにたどり着くと、医師側としては良い案件に巡り会えず、転職サイト側は一生懸命働いても報酬が得られないことになり、お互いが不幸になります。

【徹底比較】医師向けおすすめ転職サイトランキング

1位:エムスリーキャリア

総合評価
対応スピード
案件数
交渉力
エムスリーキャリアのおすすめポイント
  • ソニーのグループ企業で安心
  • 医師会員29万人以上、転職希望医師の登録実績8年連続1
  • コンサルタントは全員医療経営士の資格取得が義務付けられており、コンサルタントの医療知識や転職サポート経験が豊富
  • 全国区で事業を展開している
  • 非公開の転職・求人案件を多数保有

医師の転職業界では圧倒的な知名度を誇るエムスリーキャリアは、医師の9割以上が利用している医療ポータルサイト「m3.com」を運営するエムスリー株式会社の関連企業です。

エムスリー株式会社はポータルサイトの運営以外にも病院へのコンサルティングなど幅広い医療関連事業を手がけており、それらの実績から病院への強力な交渉力があるのが強みです。年収などの勤務条件はもちろんのこと、新規での医療設備・医療機器の導入(数千万円単位)など、診療環境の整備まで交渉してくれることがあります。

特に常勤での転職をお考えの方にオススメです。

エムスリーキャリアの取り扱い求人情報

取り扱い求人の勤務形態 常勤/非常勤/スポット
常勤求人数 17,016件
非常勤求人数 5,152件
スポット求人数 3,499件
取り扱い求人の対象地域 全国
面談方法 電話・メール等

2位:民間医局

民間医局のおすすめポイント
  • 全国17ヵ所に支社があり、地方の案件もカバー
  • 後期研修医向けの手厚いサポートあり
  • 充実した会員向け特典;各種保険の利用など
  • スポット求人に強い
  • 製薬メーカーや産業医の紹介も豊富

民間医局は、医学生向けに開催している研修先マッチングイベント「レジナビフェア」や、医師向け専門誌「ドクターズマガジン」を発行している企業です。病院の医局によくおいてある雑誌なので、ご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか。

レジナビフェアを開催しているだけあって、後期研修医向けの手厚いサポートが強みです。また民間「医局」と銘打っているだけあって、従来の医局制度の代替となるような充実した会員特典も魅力の一つです。医局に属していない医師にとっては、割引の効く勤務医賠償保険制度もぜひ利用したいところです。

実際の案件を見ると、首都圏だけではなく地方の案件も豊富なのが目立ちます。全国17ヵ所に支社を持っているため、現地に在籍するコンサルタントから地域に密着した新鮮な情報が集まるのです。また、他の求人サイトではあまり見ることのない製薬メーカーや産業医など、臨床医以外の案件も比較的多めです。

勤務形態別ではスポット案件に強く、「勤務時間帯」や「勤務内容」だけでなく「遠距離交通費支給」など、様々なこだわり条件で検索可能なのがポイントです。

余談ですが、登録すると配信されるメールマガジンが面白くてためになるのも民間医局の特徴です。ぜひ購読してみてください。

民間医局の取り扱い求人情報

取り扱い求人の勤務形態 常勤/定期/スポット
常勤求人数 12,952件
定期求人数 4,823件
スポット求人数 3,887件
取り扱い求人の対象地域 全国
面談方法 対面・オンライン面談(Zoom等)

3位:医師転職ドットコム

医師転職ドットコムのおすすめポイント
  • 業界最大規模であり、医師専門としての歴史と知名度ではエムスリーキャリアと同等
  • 提携医療機関数が7千施設、独占・非公開求人が多い
  • 対応の丁寧さが好評!満足度4%
  • 人的リサーチによって信用性の高い情報を提供
  • 個人情報の漏洩に対し厳しい取り組みを行っている

東証一部上場アインファーマシーズのグループ企業が運営する医師転職ドットコムは、医師転職サイトの老舗として広く知られています。

圧倒的な提携医療機関の数とこれまでの歴史により、独占・非公開案件が多いのが特徴です。また、丁寧な対応と信頼性の高い情報、そして個人情報の的確な管理などから、満足度が非常に高い点もポイントとなります。

案件数の豊富さと「救急あり・なし」「託児所あり」など細かい特徴から案件を選択できる柔軟性が売りであり、他の求人サイトではなかなか良い案件が見つかりにくい60歳代や勤務制限のある女性医師の転職に特におすすめです。

医師転職ドットコムの取り扱い求人情報

取り扱い求人の勤務形態 常勤/非常勤
常勤求人数 21,602件
非常勤求人数 13,042件
取り扱い求人の対象地域 全国
面談方法 対面・電話

4位:リクルート ドクターズキャリア

リクルート ドクターズキャリアのおすすめポイント
  • 東証一部上場企業リクルートが運営する医師の転職求人サイト
  • 日本で2番目にできたサイトであり、実は30年を超える実績あり。
  • 大手企業ならではの高い安全性
  • 無料登録するだけで「非公開求人情報」まで閲覧が可能になる
  • 必ず専任のコンサルタントがつく。

リクルートドクターズキャリアは、求人の幅広さが1番の特徴です。転職の際に最も重要視される収入面やQOL重視の求人はもちろんのこと、キャリアアップを真剣に考える医師のために専門医資格取得可能な求人を数多く揃えているのがポイントです。コンサルタントの情報収集能力が高いので、入職した後で条件が違うなどのトラブルが比較的少ないのも好感が持てる点です。

大手企業の運営でありプライバシーマークを取得済みなので、転職の際に情報が漏れることを絶対に避けたい方におすすめします。

リクルートドクターズキャリアの取り扱い求人情報

取り扱い求人の勤務形態 常勤/非常勤
常勤求人数 10,148件
非常勤求人数 3,493件
取り扱い求人の対象地域 全国
面談方法 電話等

5位:マイナビDOCTOR

マイナビDOCTORのおすすめポイント
  • 転職業界で有数の知名度を誇るマイナビの医師転職専門サイト
  • 個人情報の取り扱いに関して厳密な基準をクリアしているため、安心して利用できる。
  • 医学生の就活や留学経験者向けの求人も扱っている
  • 首都圏の案件が得意

運営会社のマイナビは、一般企業向け転職支援サービスの超大手です。他の医師転職サイトにはない取引先企業との信頼関係に基づく独自性の高い求人が魅力です。もちろんプライバシーマークは取得済みであり、安心してお任せできます。

ベテラン向けの高額年収求人はもちろんのこと、他のサイトでは比較的募集が少ない若手向けの未経験可能求人、また企業とのパイプを活かした産業医求人などの企業求人まで多種多様な求人があります。

残念ながら地方の案件数は比較的少ないため、首都圏にお住まいの方向けの医師転職サイトです

マイナビDOCTORの取り扱い求人情報

取り扱い求人の勤務形態 常勤/非常勤
常勤求人数 12,320件
非常勤求人数 12,422件
取り扱い求人の対象地域 関東
面談方法 メール・電話・対面

実際に利用してわかった医師転職サイトのメリット・デメリット


どれほど良さそうに見えても、実際に利用してみないとわからないのが医師転職サイトです。ここでは、実際に利用したからこそわかる医師転職サイトのメリット・デメリットをまとめてみました。

医師転職サイトの5つのメリット

まずは医師転職サイトのメリットを5つに絞り込んでお届けします。

転職の選択肢が大幅に増える

医師転職サイトに登録すると、まずはコンサルタントとの面談があり、そこで転職活動の基本方針や今後の進め方について考えていくことになります。

コンサルタントの業務は、求人などの仕事に関する情報を提供するだけではありません。退職や今後のキャリア形成についてのアドバイスはもちろんのこと、医療機関に対する評判調査、履歴書や面接の対策、契約の締結のサポート、アフターフォローなど、転職にまつわる全ての事柄のマネジメントを行います。

コンサルタントは、これまでたくさんの転職成功例や失敗例を見ています。その経験を通じ、自身では考えられなかったような選択肢を提示されることもあるのです。自分一人で考え込むとどうしても視野が狭くなりがちですが、知識が豊富で客観的な第三者の意見を通じて豊富な選択肢の中から後悔しない選択をすることができます。

想定よりも年収が上がるなど条件の良い転職が期待できる

コンサルタントの腕次第ではありますが、年収や休日など「これはちょっと難しいかな?」と思われる条件でも、コンサルタントの交渉によって実現できることがあります。中には直接交渉では断られたものの、コンサルタントを間に入れたら成功したという事例すらあります。これは、医療機関と信頼関係を築いたコンサルタントがあなたの能力や人柄を保証するからです。

病院の内情を詳しく知ることができる

医師転職サイトのコンサルタントは、多かれ少なかれ実際に病院に足を運んで、求人情報を取ってきています。できるコンサルタントはその過程で、医療機関の置かれている情報についても同時に収集しています。応募を考えている医療機関の財政状況がかなり悪い、数年後に院長が交代する予定である、グループで新たな医療法人が設立される予定があるなど、医師自身では収集が難しいけれども重要な情報を提供してくれるのが医師転職サイトの強みです。

手間のかかる作業を代行してもらえる

多忙な医師にとって、応募から面接の日程調整、履歴書などの書類作成のサポート・添削など、転職に伴う事務作業を現在の勤務と並行して行うことは非常に負担が大きいものです。医師転職サイトを利用するとこれらの事務作業をすべて代行してくれるので、転職活動がとても楽になります。

契約書の締結も任せられる

病院に限らず医療業界は旧態然としたところが多く、契約に関し雇用契約書を交わさないところもまだたくさんあります。雇用条件についても口約束が多く、実際に勤務してみると事前の話と条件が違うということが現在でもよく起こっています。「言った言わない」のトラブルを避けるためにも、入職時には雇用契約書を交わすのが基本です。医師転職サイトを通すとコンサルタントにも契約書の控えが残ることが多いので、後のトラブルの際にも安心です。

医師転職サイトの2つのデメリット

このようにメリットを多数挙げてみると医師転職サイトの利用は良いことばかりに見えますが、そこまで現実は甘くありません。より良い転職のためにも、医師転職サイトを利用するデメリットを理解しておく必要があります。

コンサルタントの能力に転職の成否が左右される

医師転職サイトを通じた転職は、良くも悪くも担当コンサルタントの能力に左右されてしまう面があります。コンサルタントはマニュアルがあれば一見誰でもできるように見えますが、医療系の知識やノウハウを始め、医師との面談から隠れたマイナスの要望を汲み取る能力、数ある求人の中から条件に最も近いものを探し出す能力、医療機関側と交渉して話をまとめる能力など、コンサルタントの能力はさまざまな要素で差がついてしまうものなのです。

優秀でないコンサルタントに当たってしまった場合、転職活動に影響が出てしまう可能性も大いにあります。コンサルタントの能力に違和感がを感じたら、担当者を早めに変更してもらいましょう。

医師の希望より自分がもらえる報酬を優先してしまうコンサルタントも

転職サイト(コンサルタント)は、転職を希望する医師と求人を出している医療機関をマッチングさせて、医療機関側から人材紹介料という名目の報酬を得るビジネスモデルです。そのため転職が成立しなければ、コンサルタントはタダ働きするということになります。質の低いコンサルタントに当たると、成功報酬欲しさに転職を急かされるケースもあるので注意が必要です。また、転職を急かすまでは行かなくとも、高い報酬を得られる医療機関を優先して紹介してくることがあります。

コンサルタントがこちらの希望を聞いてくれず、納得できる理由もなく特定の求人のみを不自然に押してくるようなことがあれば、残念ながらそのコンサルタントはハズレです。その場合は直ちにコンサルタントの交替を申し出ましょう。

医師転職サイトで理想の転職を叶えるためのコツ


そこで、メリット・デメリットも踏まえつつ、医師転職サイトで理想の転職を叶えるコツについて簡単に解説します。

できるだけ早くサイトに登録する

当たり前ですが、現在転職を考えている医師はあなただけではありません。好条件の求人は、入職者が非常に早く決まってしまうものです。
また1日でも早く転職活動を始めることで、どのサイトのコンサルタントが自分に合っているか、また親身に対応してくれるかなど、コンサルタントの質を見極める期間を余裕をもって作ることができます。

複数社に登録する

医師転職サイトは1つだけでなく、複数登録するのがおすすめです。登録数は基本的には最低でも3サイト、多くても管理しきれないので8〜10サイト程度にしておきましょう。

理由①:コンサルタントの力量は企業間というより個人差が大きい

自分の話を親身に聞いてくれ、熱心にサポートをしてくれる相性の良いコンサルタントを見つけるためには、複数の転職サイトに登録して、色々なコンサルタントと話をしてみることが一番手っ取り早いです。同じ転職サイトでも、担当コンサルタントが変わると違う意見が出ることもあります。また、一つの転職サイトに主な交渉をお願いしていても、異なる視点でアドバイスや意見を受けることは有用です。

理由②:サイトごとに保有している案件が違う

同じ案件でも、転職サイトによって勤務条件などが違うことがよくあります。これは、求人の更新が遅くて条件変更をキャッチしきれていない、またコンサルタントが病院側の信頼を得られていないなどといった転職サイト側の問題と、これまでの条件では良い応募者がいなかったなどの理由で、登録した転職サイト全てに連絡をせず気軽に条件を変更してしまう医療機関側の問題の双方が考えられます。同じ医療機関に入職するなら、勤務条件や給与が良い方が良いのは当然です。

コンサルタントとはしっかり打ち合わせをする

コンサルタントとの情報共有は、非常に重要なポイントです。応募した病院に面接に行ったら応募者本人とコンサルタントの意見が異なっていた、伝えるべき重要な情報が漏れていて落選した、ということがないように、事前の打ち合わせはしっかり済ませておくべきです。

コンサルタントとの事前面談を嫌がる医師も多いですが、求職活動を始めた時点でできれば一度顔を合わせておくことをおすすめします。こんなご時世ですので、Web面談でも構いません。コンサルタントも人間ですので、直接顔を合わせた人間を邪険にするのは難しいものです。

転職理由・回数は誤魔化さず正直に伝えよう

事前に知っておいてもらわないと都合が悪い事情の一つが転職理由や回数です。転職回数が多かったり、現病院とトラブルを起こして転職するなどといった場合は特に、ついコンサルタントにも転職理由や回数を隠してしまいがちですが、これは悪手です。現職場を含めこれまでに勤務したことがある病院を隠していると、ひどい場合はトラブルで退職した病院を紹介されるということになりかねません。もちろんコンサルタントは匿名の履歴書を持参し個人情報が漏れないように細心の注意を払っているのですが、医師は狭い業界なので、簡単な履歴から個人が特定されることも珍しくありません。

ちなみに転職の理由がはっきりしていれば、転職の回数が多くても悪い印象を持たれることはありません。

コンサルタントに多くの質問をして質を見極めよう

質がいいコンサルタントかどうかを見極めるには、たくさん質問をしてみましょう。例えば気になっている案件先について、病床数や医師の体制、救急などの医療システムや院内の雰囲気などの情報を尋ねてみて、返ってくる返答がどんな内容かで判断します。答えがちぐはぐだったり、事前に自分で得た情報と大きく異なる場合は要注意です。

ただしお互い人間同士なので、結局は相性次第という面があることは否めません。能力はやや低くても、人間性が信頼できこの人に任せたい、というコンサルタントと出会ったら、自分でコンサルタントを育てるというのも十分アリです。

合わないコンサルタントは変更してもらおう

コンサルタントの知識が浅く信頼できない場合、また知識量はともかく自分と相性が悪いコンサルタントだと感じた場合は、遠慮なく担当の変更を申し出ましょう。変更の希望が叶わない場合、もしくは変更を言い出しにくい場合は、他の転職サイトの利用を検討します。

担当の変更を依頼する際には、「なぜ担当の変更を希望するか」を具体的に伝えると、次の担当コンサルタントを決定する際に考慮してもらえることがあります。

医師転職サイトに登録する際の3つの注意点


最後に、医師転職サイトに登録する際に気をつけたい3つの注意点について言及しておきます。

登録の際にはプライバシーマークを確認する

医師転職サイトに限らず、一般的な転職サイトは個人情報保護についての意識が非常に高いです。個人情報が漏れたり、個人が特定されるようなことのないよう情報管理を徹底しているため、転職活動を行っていることが今の職場に知られるというリスクは、基本的にはまずありません。

それでも厳密に守秘義務を確認したいなら、個人情報の取扱いを適切に行っている証明である「プライバシーマーク」を取得しているかを確認すると良いでしょう。

登録は時間差で行う

複数サイトへの登録をおすすめしましたが、同時にサイトに登録すると一気に面談の日程などの確認や案件の情報の連絡が来てしまい、多忙な医師にとっては裁ききれない量になることがよくあります。せっかくの良案件を見逃すのはもったいないので、サイトへの登録は、例えば1週間おきなどと決めて時間差で行うと良いでしょう。

登録時に備考欄に要望を書く

登録用のページには、大抵備考欄があるはずです。そこに希望の勤務先や施設形態(病院なのかクリニックなのかなど)、診療科・専門科目などの要望をある程度伝えておくと良いでしょう。自分の診療科や希望する施設形態を得意とするコンサルタントを担当につけてくれることがあります。

医師転職サイトを上手に使って理想の職場を手に入れよう

医師が転職するために求人サイトを利用すると、手間なく希望の職場を見つけることができますが、常勤・非常勤・スポット、首都圏・地方在住など希望の条件によっておすすめの転職サイトは異なります。

医師転職サイトを使いこなすにはメリット・デメリットをしっかり把握した上で使いこなすコツを知る必要がありますが、上手に使えば、これほど力強い味方となるものはありません。

今回紹介した内容を参考にしていただき、理想の職場を手に入れる第一歩を踏み出しましょう。