コンセプト

お知らせ

組織について

データベース

サービス

公報

その他

このホームページ内のPDFファイルをご覧になるにはADOBE READERが必要です。下のバナーからダウンロードができます。
ADOBE READERダウンロードページへ

携帯用QRcode


Since 5 September, 2008

ことば

健康食品・機能性食品・栄養補助食品・サプリメントとは

健康食品健康に役立つとされ、何らかの特徴を宣伝された食品のこと。製造販売業者などが「健康食品」と宣伝した食品をさす。
機能性食品(Functional Foods) 従来の栄養素の機能を越えて健康効用を提供する可能性のある全ての加工食品、または加工食品素材
栄養補助食品
(サプリメント)
(Dietary supplement) 栄養成分を補給し、又は特別の保健の用途に資するものとして販売の用に供する食品のうち、錠剤、カプセル等通常の食品の形態でないもの
栄養成分製品(Nutraceuticals) 食品・栄養補助食品(dietary supplement)、薬草(ハーブ)製品などに含まれ、健康増進、病気予防または医薬的特性のある天然の生理活性化合物
保健機能食品健康食品のうち安全性や有効性等が国の設定した一定の基準を満たした食品。健康増進法及び食品衛生法により定義され、特定保健用食品と栄養機能食品の二つに分けられる。
特定保健用食品特定の保健目的により摂取した時、その効果が期待できる旨を表示することを国が認めた食品。通称「トクホ」「特保」。一商品ごとに厚生労働省による審査をうけ、認可をうける必要がある(個別許可型)。
栄養機能食品食生活等の理由により、不足しがちな栄養成分(後述)の補給を目的とした食品。厚生労働省の設定した基準を満たせば、表示が許可される。(規格基準型)

バイオマーカーとは

定義FDAの定義では "A biomarker is a characteristic that is measured and evaluated as an indicator of normal biologic processes, pathogenic processes, or pharmacologic processes to a therapeutic intervention." (バイオマーカーとは正常の生物学的過程,病的過程,薬理学的過程の指標として治療介入の対象として測定および評価される特性をいう)
エンドポイント評価系で重要な概念はエンドポイントという概念である. エンドポイントとは治療研究などにおいて疾病の発生や臨床症状,生存期間のような研究目的となる疾患に関連する重要な事象を指すが,バイオマーカーはこうしたエンドポイントの代わりになる代用エンドポイント(サロゲートエンドポイント)として使用されることがある.例えば,動脈硬化の進展をエンドポイントとすると血中コレステロール値は代用エンドポイントである.
有用性の条件よいバイオマーカーであるための条件が3つある.
1) 対象となる老化などの生理的過程,疾病の病的過程や治療における薬理学的過程などに関するエンドポイントのうち1つとそのバイオマーカが関連があること.
2) 食品や薬品などの研究対象となる”リスク因子”や”保護因子”への暴露とそのバイオマーカの間に関連があること.
3) そのバイオマーカーは暴露因子とエンドポイントの間の因果関係の経路を媒介するか,媒介する因子の状態を直接反映するものであること.
知的所有権人体を必須構成要素とするバイオマーカーは特許はとれない.例えばツベルクリン反応,内視鏡診断のような測定のプロセスに人体が介在するいわゆる医学的診断方法は,医師の免責事項として産業上利用できる発明(特許法29条)から除外されている(特許・実用新案審査基準).ただし,人体から取り出した体液・組織を用いる診断法,画像診断機器そのものは特許の対象になる.
事業化1) 真のエンドポイントが長期間の観察を要するものであるか,測定が困難であるもの,多数のコホートを要するものの代用エンドポイントになるバイオマーカーは非常に大きなマネーを生む.例えば,ヒトプリオン病のような稀で短期間に死亡するような疾患のバイオマーカーよりも,動脈硬化症に対する血中コレステロール値のようなバイオマーカーが経済的価値をもつし,学術的インパクトが高い.
2) High Troughput Screening (HTS)のアッセイ対象となるバイオマーカーは非常に高く売れる.創薬ではHTSを行うことができるかどうかが薬剤開発を左右する.創薬メーカーが健康食品に参入しつつある現在,健康食品産業にもHTSが導入される日は近いであろう.2)のような臨床試験用のバイオマーカとともに前臨床段階のin vitroテスト用のバイオマーカーは創薬メーカーに高額で譲渡できる可能性を有する.
3) よいバイオマーカーの基準を満たすようなバイオマーカーは直接の治療のターゲット分子になる可能性が高いため,乳がん-HER2-ハーセプチン(12.09億ドル/年),Bリンパ腫-CD20-リツキサン(24.05億ドル/年)のような分子標的治療の例におけるバイオマーカーのように,年間数億ドルにおよぶ医薬品売り上げのコア技術となる可能性がある.