コンセプト

お知らせ

組織について

データベース

サービス

公報

その他

このホームページ内のPDFファイルをご覧になるにはADOBE READERが必要です。下のバナーからダウンロードができます。
ADOBE READERダウンロードページへ

携帯用QRcode


Since 5 September, 2008

コホート研究とは

概念

エビデンス

特定の人口集団をそのまま、または疾病危険因子に治療的介入を加えて、長期にわたり観察する医学研究のスタイルをいいます。医学研究の原点であり、よいデザインのコホート研究により得られたエビデンス科学的根拠。特に、evidence-based medicine (EBM)と関連して述べられるときには、ヒトを用いた臨床研究・試験にて客観的な事実として認められた証拠をいう。は重要な医学上の成果となります。

定義

コホート研究において研究者は、現在まだ疾病(状態)になってはいないが、疾病(状態)の潜在的な危険因子を持つかどうかで人口集団を2つ以上のグループに分けて観察していきます。この集団のことをコホート(ローマ帝国の歩兵大隊をさすラテン語cohors400〜800名の歩兵、複数形cohortesに由来)といいます。

方法

コホート研究では、ある時点での生活習慣や健康状態などについての情報をアンケート調査や健康診査によって調査し、それをベースラインとして、その後の疾病罹患や死亡との関連について調査します。また、運動やダイエットを勧めるなど生活習慣に介入して、それにより疾病罹患率や死亡率が変化するかを調査します。



クリックにてAmazonへ

世界の心臓を救った町 フラミンガム研究の55年:嶋康晃著
コホート研究の重要性がよくわかる本。ボストン近郊の町、フラミンガムで行われた循環器疾患に関するコホート研究(Framingham Heart Study)の記録です。現在の健康常識の多くはこのコホート研究の成果なのです。そして、ここの住民たちは3代にわたり、このコホート研究に参加できたことを誇りにし、自ら健康と繁栄を享受しているのです。